片手と両手?

家売却をするうえで不動産会社に依頼し売却することの意向を伝えると契約成立都市、
その後家売却をするうえで不動産会社から2つの仲介方法を紹介されます。

その仲介方法というのが片手仲介と両手仲介であり、この2つの仲介方法には明確な違いがあります。

片手仲介

家を売却する上での不動産会社から伝えられる仲介方法として最も利用されるのが両手仲介です。
両手仲介は家を売却したい売主と不動産会社両方と契約をする手段です。

売主と不動産会社と売却が完了するまでの専属契約なので、何度もやり取りされる
書類の受け渡しや進行状況などを逐次情報の往来が可能なので
実際に売却まで完了するまでの流れがスピーディーなのが利点です。

その反面家売却をするうえで仲介業者は成功させることで報酬を得られることから、
仲介業者としては必ず成功させることにメリットがあるため
ある程度の値段交渉で妥協することがあります。

そしてもう一つの片手仲介とは、家売却をするうえで売主と単体で契約することです。

両手仲介

売主と単体で契約することによってスピーディーさはなくなりますが、その代わりに
数ある不動産会社と連絡を取ることによって売主が売値とともに信頼できる企業を選ぶことができるので
売れないというリスクを減らすことができます。

どちらの仲介方法を選ぶにしても一長一短があり、家売却をするうえで、値段を気にせずに
スピードを求めたいときには両手をそして時間はかかっても納得いく値段で売却したいときには片手仲介を選ぶとよいです。