仲介

家売却時の媒介契約の一つである一般媒介契約には様々な特徴があります。

まずその特徴の一つに複数の不動産会社と契約できる点が挙げられます。
これは他の媒介契約である専任媒介契約や専属選任媒介契約にはない特徴です。

従って家売却の成約率の悪い会社や販売網の弱い不動産会社に縛られることがなく、
優秀な会社と契約を締結できる点がメリットです。

売買契約

しかしその反面、いくら家売却のために営業面で努力をしても他の会社が先に
売買契約を成立させてしまえば、仲介手数料が一切入らないわけですから
不動産会社の担当者のモチベーションは大変低い傾向にあります。

従ってこの媒介契約形態により契約した会社が広告宣伝費をかけて大掛かりな
キャンペーンを行ったりして何とか成約させようという努力があまり期待できる契約とは言えません。

一方、契約期間という点において一般媒介契約は他の契約形態と異なり、3か月という縛りがありません。

つまり任意の契約期間を選べますのでその点はメリットと言えます。
他の契約形態では通常、最長でも3か月という契約期間が決められていますので
販売力の弱い会社と契約してしまったような場合は問題があります。

この場合、その会社に営業活動での積極性が明らかに欠けているなどの
落ち度が証明できない限り、その契約期間中はその会社に縛られることになります。

急いで家売却をしたい場合でもその期間は他の不動産会社と契約ができないのです。

媒介契約

さらに一般媒介契約では自分で見つけた買主と契約できる反面、不動産会社に
指定流通機関への物件登録義務や定期的な営業報告義務がありません。

尚、実際にはこの指定流通機関への登録について個別に依頼すれば会社で登録してくれるのが
一般的ですので、それほど心配する必要はないかもしれません。