一般と専任?

家売却の際は、不動産会社に依頼して買主を探してもらったり、
契約書や重要事項の説明など必要な手続きを代行してもらったりしますが、
そうした依頼を媒介(仲介)契約と言います。

重要事項

媒介契約には、一般媒介契約と専任媒介契約、専属専任媒介契約があります。
その中の専任媒介契約は、売主が複数の不動産会社と媒介契約をする事はできませんが、
不動産会社の立場からすると、独占的に媒介できる事は他の不動産会社に
売却物件を取られる心配がない、つまり営業活動が無駄にならず確実に報酬を得られる為、
家売却に専念できるというメリットがあります。

その代わり、媒介契約の期間は最大で3ヶ月間であり、家売却に関する状況を
2週間で最低1回は売主に報告しなければいけません。

契約

また、売主自らも買主を探す事が可能である為、売主自身に売却先の当てがあるものの、
他に良い条件を提示する買主を探したい場合にこの媒介契約が選ばれます。

しかし、売却物件に関する情報は、媒介契約を結んだ不動産会社を通さないと
入手できないので、例えば他の不動産会社が仲介手数料を取り、自分たちは
取れないような状況になった場合に、売主にとって不利益な情報を流すなどして
取引を制限し、自分たちが仲介手数料を取れる買主を探す囲い込みという
手口を使われる可能性もあります。

これは業界内でも問題となっている方法ですが、未だにそうした不動産会社がある為
家売却で媒介契約を締結する場合は留意しなければいけません。